FX生活のためのFX手法

bigtomorrow_2010_07
FX生活・トレード手法

FX手法複利ロジック手法で毎日コツコツ!
 概要編 | 準備編 | 練習編 | 実践編 | 番外編
-----------------------
収支状況 +1,275万円(2017年4月現在)
 トータル収支結果 | 月間収支結果

FXスワップ手法の組合せ

おすすめの「通貨ペア、買い口座、売り口座」を紹介します。
私なりの考えにより、導き出した組み合わせです。

まずは、スワップ金利最高差額を調査!


[スワップポイント 比較一覧]

  FX会社豪ドル円NZドル円 ランド円トルコ円
買い
口座
ヒロセ通商506015085
SBIFXトレード363814082
GMOクリック証券
(クリック365)
323616083
FXプライム byGMO303314085
      
売り
口座
DMMFX-33-36-160
外為ジャパン-33-36-160
マネースクウェア
・ジャパン
-37-39-160-77
GMOクリック証券
(クリック365)
-32-36-160-83
FXプライム byGMO-37-40-160-92
※1万通貨あたり。(南アフリカランド円は10万通貨あたり)
※2017年3月10日現在のスワップポイント

一見のスワップポイントで口座選択してしまいそうですが、
FXには、スプレッド、取引手数料が存在します。

この手法では、そのスプレッドが最初のハンデとして課せられることになるのです。
次にスプレッド、取引手数料の調査です。



[スプレッド 比較一覧]

  FX会社手数料豪ドル円NZドル円 ランド円トルコ円
買い
口座
ヒロセ通商無料0.81.31.34.9
SBIFXトレード無料0.882.190.99
GMOクリック証券
(クリック365)
無料3.53.01.03.0
FXプライム byGMO無料1.32.03.08.0
       
売り
口座
DMMFX無料0.71.41.4
外為ジャパン無料0.71.41.4
マネースクウェア
・ジャパン
300円※7.08.03.07.0
GMOクリック証券
(クリック365)
無料3.53.01.03.0
FXプライム byGMO無料1.32.03.08.0
※手数料単位1万通貨(片道)あたり。(南アフリカランド円は200円)
※2017年2月現在のスプレッド

やはり、ヒロセ通商やDMMFXのスプレッドは、素晴らしいものがあります。
「マネースクウェア・ジャパン」は、取引手数料の加算がキツイ!

さて、
売りと買い同時に購入した場合、金額にしてどれぐらいのハンデが課せられるものなのか?
それは、何ヶ月経てば相殺できるのか?

おすすめの口座組合せとハンデ相殺日数を算出しました。



[おすすめの口座組合せ]


FX会社豪ドル円NZドル円 ランド円トルコ円
買い口座ヒロセ通商ヒロセ通商ヒロセ通商ヒロセ通商
売り口座DMMFX

外為ジャパン
DMMFX

外為ジャパン
DMMFX

外為ジャパン
GMOクリック証券
(クリック365)
スワップ差額MAX17円24円-10円2円
初回負担金額150円270円2,700円790円
負担額相殺ヶ月0.3ヶ月0.4ヶ月-ヶ月13.2ヶ月

※1万通貨あたり。(南アフリカランド円は10万通貨あたり)

これが、私なりの最適組合せです。

【豪ドル、NZドル】
ハンデも少な目で安定している。
1年間保有(10万通貨)で54,750円想定。

【南アフリカランド】
現在は差額がとれる組合せなし。

【トルコリラ】
差額金利はなし。
今はNG。

※私なりのハンデ対策は、下記にあり。



[最終結論]

いろいろ検討した結果、私なりの最終結論は、

--------------------------------------------
通貨ペア : NZドル円
買い口座 : ヒロセ通商
売り口座 : DMMFX or 外為ジャパン
--------------------------------------------

やはり、このスワップ差益は魅力的。
10万通貨購入すれば、1日240円になります。

1年保有すれば、約5万円!

10万通貨購入なら、資金200万円で余裕をもって運用できますし、貯金のつもりでのんびりといきます。
1年後にそのスワップ金利で家族旅行を予定しています。



[ハンデ対策]

10万通貨購入しれば、約2,700円のハンデを抱えることになります。
相殺するのに、約0.4ヶ月かかります。0.4ヶ月後からは嬉しい日々なのですが…

そこで、私は購入時に為替差益でスプレッドハンデを帳消しにします。
まず、上昇トレンドを見つけます。
そして、買い口座で「買い」を行います。
次に売り口座で、新規約定したレートを「売り指値」で設定します。

あとは、レート上昇を待つのみ。
これで、スプレッドハンデは帳消しです。

これには、リスクがあります。
もし、売り指値まで届かず、相場が下降し続ければ為替差益は大損です。

その時は、塩漬けの予定です。(決済せずに持ち続ける)
スワップ金利も差額ではなく、まるまる1日600円が利益になります。
私はこの方法で、1日目からのプラス利益を望みますが、多少のリスクもあるので、大きな声での推奨は致しません。



------------------------
※2017年2月現在での情報です。
※為替変動、スワップ変動により、差額など変動します。
※投資活動は自己責任で行ってください。当該情報に基づいて被った損害について、当ブログおよび管理人は、一切の責任を負えませんのでご了承下さい。
------------------------





     【2017-01-01(Sun) 00:00:00】 | Comments:(12) |

Copyright © amkeiのFXブログ(FX初心者からのFX生活の手法) All Rights Reserved. Powered By FC2.